野焼き・・・光太郎

農家の野焼きは普通のことであった。
ここんところ、風向きが変わった。
行政への申告制野焼きとなった。
c0072843_1972577.jpg
c0072843_1973313.jpg

今回ちょっとだけだから、申告をしておりません。ちょっとでも違法野焼きなり。
通報されたら、制服を着た人に説教を受けることでしょう。
(これぐらいでは、通報がなければ行政はうごきません。)

豆つるの残渣の庭先き野焼きでした。(5分)
2枚目の写真には、豆のつるっぽさが残っているでしょう。
ご愁傷さまでした。

☆↓オイラの青春暗唱詩篇です。

火星が出てゐる (高村光太郎)

火星が出てゐる。

要するにどうすればいいか、といふ問いは、
折角たどった思索の道を初にかへす。
要するにどうでもいいのか。
否、否、無限大に否。
待つがいい、さうして第一の力を以て、
そんな問に急ぐお前の弱さを滅ぼすがいい。
予約された結果を思ふのは卑しい。
正しい原因に生きる事、
それのみが浄い。
お前の心を更にゆすぶり返す為には、
もう一度頭を高くあげて、
この寝静まった暗い駒込台の真上に光る
あの大きな、まっかな星を見るがいい。


火星が出てゐる。


木枯が皀角子の実をからから鳴らす。
犬がさかって狂奔する。
落葉をふんで
藪をでれば
崖。


火星が出てゐる。

おれは知らない、
人間が何をせねばならないかを。
おれは知らない、
人間が何を得ようとすべきかを。
おれは思ふ、
人間が天然の一片であり得る事を。
おれは感ずる、
人間が無に等しい故に大である事を。
ああ、おれは身ぶるひする、
無に等しい事のたのもしさよ。
無をさえ滅した
必然の瀰漫よ。


火星が出てゐる。

天がうしろに廻転する。
無数の遠い世界が登って来る。
おれはもう昔の詩人のやうに、
天使のまたたきをその中に見ない。
おれはただ聞く、
深いエエテルの波のやうなものを。
さうしてただ、
世界が止め度なく美しい。
見知らぬものだらけな不気味な美が
ひしひしとおれに迫る。


火星が出てゐる。

c0072843_19444689.jpg

皀角子の実(さいかちのみ)です。以前
京都の植物園にて手に入れました。振るとからから青春の音がします。
by kyotoyasai2005 | 2009-04-15 19:09 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード