京漬物の真髄に触れる

京漬物の川勝総本家へ行ってきた。
本店である。工場が併設している。漬物教室もある。
c0072843_17431190.jpg
c0072843_17431785.jpg
c0072843_17432234.jpg

今の時期は、やっぱり千枚漬だな。多く並べてある。
千枚漬の時期としては「走り」ですが、今年の大カブ(千枚漬の原料野菜)の質はよさそう。
きれいだな。中央の黒っぽいのは昆布です。
美しいものは、美味しい。
c0072843_17432885.jpg
c0072843_17433714.jpg

いっぱい種類があって楽しい。
試食がうれしい。試食するともっと嬉しくなる。
へ~こんなものまで漬物と思うのもある。
野菜の加工屋さんである。(料理じゃなくて加工としました)
生産者にとっては料理屋さんより、近く思える。親しみがある。
c0072843_17434315.jpg

「汗と愛」なんて、そうだな、野菜を育てるのも汗と愛だな。
c0072843_17434776.jpg
c0072843_17435257.jpg

漬物教室
・・・大根・白菜は下漬して野菜の水分を芯まで抜いてから本漬する
・・・ナスはミョウバン入りの塩で揉んでから漬けると色が鮮やか
・・・きゅうりも塩もみ

奥の人が工場長で、手前が常務。
常務は次期社長です。
私、常務とはちょっとした知り合いなんです。

朝に引いてきた大カブ(千枚漬の原料野菜)を見てもらった。
なんて言われるか、どきどきします。
しかも、見ていたらそれ程切るのって程切る。

c0072843_17435896.jpg

c0072843_1744427.jpg

文我にて、昼食には京野菜のランチコースとなった。1575円
c0072843_17441275.jpg

帰りに他所の大カブの畑を見て帰った。
by kyotoyasai2005 | 2009-11-13 17:44 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード