犬の夏・・・川遊びだな

長いけど、K9discjapan犬賢楽学のコピー

第37回

もうすぐ夏・・・・やし。
きたできたで、もうすぐ夏やで、って小学生じゃあるまいし、そんなに喜ばなくても、
まぁね、それにだいたい梅雨真っ盛りだし。
夏が来るのを喜んでいるわけじゃないんですよ、べつに。
嫌いでもないけど、・・どっちかって言うと好きだけど、
でも、犬飼にとってはチトばかし辛い季節だよね、
特に「ディスクドッガー」には。・・・・・・ディスクドッガー、いい響きやん、これからも使おーっと。

はっきり言います。
夏はディスクドッグのトレーニングするのやめましょう。きっぱり!!
なんでって、この気温じゃトレーニングになりませんよ。
そりゃ、今日みたいに(7月2日、京都南部)小雨で気温が30℃以下だったらいいけど、
そんな日は滅多にないしね。
それに、そんな日でも熱中症は気をつけないといけないし。
暑すぎて、人も犬もそんなに動けない、気力も落ちるから失敗も多くなる、
新しいことを覚える余裕もない、現状を維持するほども動けない、
そして、人も犬も熱中症の危険にさらされる、
だからよけいな心配をする羽目になる。
万が一に備えて、熱中症対策グッズも揃えておかないと・・・
わー、なんて大変で邪魔くさいんでしょうか・・・でしょ、
だから、きっぱりとやめましょ。

全日本、ぼろ負けしたんで、心機一転、
この夏に猛特訓して、9月の開幕戦からブッちぎる、なんて思ってる?
ダメダメ、そんなの。そんなことしたら、
人も犬も、ともに気力体力が来年の5月の暑くなる頃には疲れて、
6月の全日本にはまたボロボロになる。
今から1年後の話なんて、って思ってます?
でも、計画的に考えるとそうなりますね、(インターバルトレーニングのススメ)

この季節、一番の問題は楽に動けない、ってことなんです。
どうだろうか・・・・
体重が10kgぐらい一気に増えた感じ、いや7.8キロか・・・
そんな感じで、やる気だけあってもうまくいかないです。
「研ぎ澄まされた感」がないんですね。
それでも、こっちは「やる気があって、意欲的だし」ってことで普通を求める。
でもその普通が得られない・・・
すると、「なんでや!」とか思ってしまうんですね。
「おかしい、もう1回」って、何回も繰り返す。
なおさら犬は、暑くてキツイから精度が落ちる、
そのうちに「まいった」になって、止まる。
止まったら、止まったで「頑張れ」とか言われたり、
軽く注意されたりするから、いやになってよけいに動こうとしない。
こうなると、こっちも暑くてイヤになるから、
「もういいわ、今日は暑いし」ってなる。
最初っから暑いんだけど、ここで初めて自覚するわけ。
で、犬たちは何を思うかというと、
「暑くてイヤになったら、止まってもいいんよ」って思う。
でね、このときに「思った」だけならいいけど、
これが「学んだ」になると、後々大変になる。

「暑くてイヤ・・・・」の暑くてが抜けて、イヤになったら止まっていい、と学ぶ。
すると、暑くての代わりに他のなにか、イヤになるものがあったら、
それでも止まってしまう。
風で木がバサバサ言う、向こうのほうでほかの犬がこっち見てる、
ヘリコプターの音がする・・・・なんでもあり。
そのうちに、あなたの、怒鳴ってるみたいがイヤになったり、
あげくには、やる気のない自分がイヤになったり・・・・・
何でもいいです、理由は。
とにかく、イヤと思ったら止まる。になってしまうんですね。

暑いこの季節に、練習しすぎるとこんなことを教えてしまうんですね。
せっかく精度を上げようと練習しているのに、違うことを教えてしまった・・・・
そんなことにならないように気をつけましょう。
かといって、何にもしないって言うのは、退屈だしつまんないし、
せっかく夏なんだから、なんかして遊びましょ。

Non ディスク遊びのススメ。
ディスクドッグだからディスクだけで遊ぶって言うのは、
野球選手が野球しかしない、って言うのと一緒・・・・・・・ちがうかぁ!
じゃないけど、ディスク以外で遊ぶことによって、
新たなコミュニケーションを築けたりしますね、
間違いなく。
それはね、ディスクに依存しない関係を造れるからなんです。
よくあるのが、ディスクで遊ぶ時は座ったりできるけど、
ディスクがないと何にもできない、って言うパターンです。
これはね、
コミュニケーションをディスクに依存している部分が多いということなんです。
そんなに悪いことではないですよ、
「おやつ」に依存してるよりははるかにいい。・・・・・おやつの話
だけど、もっといいのは確かなコミュニケーションの上に,
成り立っているディスク関係です。
てなこというと、難しそうだけど、
ようは「ディスクがなかったら、何にもできましぇーん」はやめとこ、ってことです。

何して、遊びます?
そりゃー夏なんだから、水遊びでしょう。
川、湖、海、池、滝、みぞ、側溝、水路、水溜り、プール、タライ、ホース。
何でもいいです。
もちろん、水難事故の起こりそうな危険箇所はダメですがね。
泳ぐ、って言うのは筋力的にもいいし、
湖で棒きれ、レトリーブ遊びでもいい。
きれいな水の側溝や水路を走るって言うのも面白いし、
ホースの噴射水のキャッチも楽しい。
でね、ここはあなたも一緒に濡れてあげてください。
勝手に遊ばせたらダメです。
遊んであげることに意味がある。

水遊びをしない子・・・・
遊び方を教えましょう、ほんとの遊びを教えるんだからそれなりに楽しいし、
教えることのノウハウも実につくし。
かりに、教えられなかったとしてもディスクドッグには影響しない。
一旦、水遊びの面白さを覚えると、
「何がそんなに面白いねん」って聞きたくなるほど喜びますよ。
ほんと、楽しそうにする。
ディスクを忘れるんじゃないかと思うほど。

夏の間、ディスクの練習をしなかったら、
犬がディスクを忘れるんじゃないかと心配ですか?
大丈夫、保証します。
そんなことはあり得ないです。
もちろん秋になって練習を再開した時に、
いきなり全開とはいきませんが、徐々にペースを造っていけばいい。
ここがね、ミソですね。
だんだん仕上げていって、ここ一番でパワー全開。
どうでしょか、こんなんで。

でもなぁ~・・・・・大丈夫だって。
けど、投げ練はしっかり練習してくださいよ、
おらおら、犬じゃねぇーんだから、気合いれんかーい、根性みせたらんかーい!!
くれぐれも、熱中症には気をつけて・・・・
by kyotoyasai2005 | 2010-07-19 10:22 | スライ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード