2001.09.08.(私のデジカメ日記の始まり)

2001.9.8.
c0072843_9364211.jpg


さて何から始めるか

私の畑は 自然がいっぱいに 気が付いた

もう20年も ほとんど同じ畑や田での作業であるのに
どうも 私の視線は 畑内のことばかりに いっていた
視線が 下視線なのだ
思い出した 俯角仰角の 俯角の方だ
何の事は無い うつむいてばかりの 日々だったのである

余裕が無かったのかな

畑の土の状態や 野菜の生育具合ばかりに 気をとられ
視線を上げたり 遠くを見ること
してなかったのかなあ

そんなことはない 
この頃だったら 「秋の光」とか「秋の色」とか
夕立時ならば 雲の動きひとつに敏感になりながら
作業をしている

違うんでしょうね
仕事・機能としての自然への対し方と
もっと大きな 「自然」の存在というのは ね

なぜこんなこと感じたかって
デジカメで 畑 写真とって
見たら
背景の山が
きれいで
印象に残った

再認識した

上の写真、も。ひとつかな


(2001年9月8日記)
 
by kyotoyasai2005 | 2006-02-11 09:34 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード