負けた、おっと

みんな、喜んで欲しい。

黒豆が、やっと播けました。と言っても1/4ぐらい。
残りは、明日に。
・・・ああ~明日があってよかった。

(今日に全部播けないから、明日がある♪明日がある♪~と歌いながら種まきをした。
負け惜しみかな~)

桜木(2006.06.20.)
c0072843_19571829.jpg

オイラは今日、種まき機となった。

右手の角材(1.2m)を土に突き刺し、種を落とす目安をつける。
そこに、黒豆2粒を、放り込み
左足を使い、土をかけ、そして踏む。

(思い出したのです、確か~千葉の落花生の種まきをする「おばば」のことを。畑に種まき溝を作り、種を、ほいほい落とし、地下足袋の指先の方を使って、ひょいひょいと種に土を被せていた。)

種まきの間隔は、最初だけメジャーを使う。あとは「感」なり

うちの「豆」は、みんなに、お裾分けします。
無料ではないですけど、しかも
ず~と先のことで、
とれてからのことですけど。

☆☆
by kyotoyasai2005 | 2006-06-20 20:05 | Comments(2)
Commented at 2006-06-21 00:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kyotoyasai2005 at 2006-06-21 20:15
>左足を使い、土をかけ、そして踏む。
・・・土をかけた後、踏んでおくのは、何のためですか?

☆気合を入れるためです。

☆・・・という千葉のおばばさん、踊るように種蒔きしはるんですね。

☆☆踊るよう、でした。もう20年も前に見たドキュメンタリーでしたが、ちゃんと私の記憶に残っていました。

☆☆☆
「ああっ、小豆ずきずき♪」なり
名前
URL
削除用パスワード