男たちの野菜(日吉クラブ)

中野辺(20071116)
c0072843_18301399.jpg

日吉クラブの大カブの収穫が始まりました。
なんとも、惑惑なことの始まりです。
・形がわるい
・目方が少ない
・大きすぎる
・量が多い
・量が少ない
・リンクがきつい
・す入り」っぽい
・白くない
・維管束(プチプチ)がきわだっている
・骨がきつい
・堅すぎる
・やわらかすぎる
・漬け減りが大きい
・溶ける
・変色する
・香りが少ない

あれやこれや・・・

大カブは千枚漬けの原材料です。
2~3ミリにスライスして、塩で半殺しにし重石をかけ(いじめ)、そして
昆布などをあわせて、漬け直します。

京都には、漬物屋さんが200軒を超えるとききます。
それぞれが、それぞれの味で看板を掲げている。(そうな)

私たちは、漬物屋さんの原材料供給者ですので
こんな不順な天候の中で
栽培方法を模索して、あれやこれや
いいものを出荷したいのですが
今年の出来は」これです」
なんとか、使いこなしてくだされば。」と思う。

まあ、現実は、「よそよりは、ちょっとはまし。」そうであれば、いいです。
そんなんもんなんでも、なんとかなれば、よしとしたい。

あとは、漬物職人の腕、
今年の、大カブの香りよし」白い」を生かしてくれるだろう。
by kyotoyasai2005 | 2007-11-16 18:30 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード