<   2007年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

向山(2007.06.30.)
c0072843_21143326.jpg
c0072843_2114476.jpg

ひょっとしたら、胡麻サボテン」ってあるかも、
by kyotoyasai2005 | 2007-06-30 21:14 | Comments(0)
桜木(2007.06.30.)

トマトの株元に麦わらをほどこす。
麦わらは昨年の、例の麦・・・
c0072843_20461855.jpg

麦わらの効用を教わった
このために麦わらを「押し切り」で切ってくれていたのは、先日の若い子

その青年たちに報告します・・・
このように使いました。

私は、農業屋さん」より、造園屋さん」の方がむいている???おおお

☆☆~
by kyotoyasai2005 | 2007-06-30 20:46 | Comments(0)
今日は6月30日で土曜日
なるほど、昨日が金曜日だったわけだ。
そして明日から7月です。

最近、3日分の作業量を2日でこなす、そんな日が続いております。
スイッチが入ってしまいました。
by kyotoyasai2005 | 2007-06-30 12:48 | Comments(0)
2007.06.28.

ライ麦をコンバインで刈った。
ライ麦を何本かもらってた。うちに飾った。
c0072843_20545732.jpg

今年、新規就農自然農法実践家のライ麦でした。
彼の初収穫はトマトもあったと言うことですが、彼にとっての初収穫はライ麦だそうです。
怪しいおっさんがふたり、日暮て収穫をしたライ麦をムシロに広げ
怪しい時を過ごしました。
c0072843_20551296.jpg

黒胡麻、神父さんの帽子がじゃまのようです。
by kyotoyasai2005 | 2007-06-28 20:55 | Comments(0)
桜木(2007.06.27.)

ハチ君ね。久しぶりね。
c0072843_20105587.jpg

やっぱしハウスでは暑い。トマトの木の下の方にいました。
そううか~もっと高いところに花が咲いているんです、けど。

このタンクからの散水量は1トン/15分でした。
c0072843_21244264.jpg

花咲く乙女達は花咲く野辺で・・・
by kyotoyasai2005 | 2007-06-27 20:11 | Comments(0)
桜木(2007.06.27.)
c0072843_19453027.jpg

↑6/27
↓6/24
c0072843_1945583.jpg

うどん粉病にかかったところが治る、と言うのではありませんが、
かかったところが、むちゃくちゃ広がっているでない。
新しい患部はありませぬ。
c0072843_1950241.jpg

誰が考えたのかは知りませんが、霧吹き」って大したしろものです。

薬剤散布の準備は出来ています。病気にかかったと言って直ぐ散布はしない。
さらにしばらく観察です。

おお~☆☆
by kyotoyasai2005 | 2007-06-27 19:46 | Comments(0)
2007.06.26.

日本のトマトは素晴らしい、のかも知れない。(よう知らんのです)
海外では加工用トマトが主力らしい。(よう知らんのです)
日本のトマトは生食で威力を発揮。(よう知らんのですけど、しつこい)
ともかく、初収穫。トマトを育てたのは10年ぶりぐらい。
初収穫は自家用です。バジルも収穫しました。
c0072843_20533550.jpg

以前は、(どれぐらい以前かは知らないけど)
トマトのお尻が10円玉ぐらい赤くなると収穫をしていたと言う。
真っ赤になってから収穫をすると、お店に並べる頃には割れたんですって
10円玉ぐらいで収穫しても、店に並べるときは、真っ赤になります。何日か過ぎますから
c0072843_20534971.jpg

うちのトマトは完熟タイプ。品種改良がされて、赤くなってから収穫します。
タキイ種苗のヒット商品。
え~と、青首大根と完熟トマト「桃太郎」
c0072843_205448.jpg

トマトの収穫の時期がわからなくて、いろいろあっちこっち教えてもらいました。
その品種なら真っ赤にして収穫せよ。」ちょっと不安もあります。
c0072843_20541740.jpg

↑チャック果と言われるものです。20個ぐらい(/215本)ありました。
↓6/26の黒胡麻です。神父さんかな
c0072843_20543251.jpg

↓うえの隣りの胡麻。小さくて草と見分けがつきにくい。
c0072843_20544662.jpg

クリの赤ちゃん
c0072843_205544.jpg
c0072843_20551758.jpg

この頃、いろいろ、あっちやこっち、

3日に1回のゾウムシは、明日表示かな

☆☆
by kyotoyasai2005 | 2007-06-26 20:55 | Comments(0)
桃太郎ファイト

青枯病、J3、葉かびに強い!
高糖度完熟品種!

◆小袋詰・1000粒絵袋詰・ペレット2L千粒

●病気に強い
「桃太郎8(エイト)」並の青枯病(B)耐病性をもち、根腐萎ちょう病(J3)、葉かび病(CL)にも強い完熟出荷用品種。そのほか、半身萎ちょう病(V)、萎ちょう病レース1(F1)とレース2(F2)、ネコブ線虫(N)、タバコモザイクウイルスTm-2a型、斑点病(LS)にも複合耐病虫性。
●糖度が高い
果形は腰高で果面はスムース。チャック果が少なくて秀品率が高い。果重約210g、「ハウス桃太郎」より大玉で果ぞろいがよく、子室数は平均6室で、果は硬く日もち良好。
また、糖度が高くて食味にすぐれ、高糖度栽培に最適。
●熟期は早生
熟期は早生で「ハウス桃太郎」より2~3日遅く、果色は濃桃色で、着色は果実全体から均一に着色し、色ムラの発生が少ない。
●草勢は中強、スタミナ持続型
根張りがよく、草勢は中強で栽培後半までスタミナが持続し、抑制栽培では初期生育がやや強勢に生育する。
草姿は有支柱型。節間長は中位で「ハウス桃太郎」並の草丈となり、葉は中葉だが小葉の数が幾分多い。

最適作型はハウス抑制とハウス半促成で、夏秋雨よけ栽培にも好適。
●元肥~元肥の10a当たりチッソ成分量は、抑制栽培で5~10kg、半促成栽培では10~15kgを基準とする。
●追肥~定植後最初の追肥は、第3花房開花時期が目安で、草勢が弱い場合は以後4、5、6~と各段開花時に、強い場合は5、7~の奇数段開花時期に施す。1回の追肥量は、10a当たり粒状肥料で3kg、液肥なら1~1.5kgを7~10日間隔で施用する。

(タキイ種苗「野菜最前線」より)
by kyotoyasai2005 | 2007-06-26 20:34 | Comments(0)

桜木(2007.06.26.)
ハウスのきゅうりのうどん粉病に薬剤を散布しようと思ったが、
あまりにも初期なので、しばらく様子を見ることにした。
6/24・・・3ヶ所
6/25・・・7ヶ所(米酢50倍散布)
6/26・・・10ヶ所(米酢50倍散布)
by kyotoyasai2005 | 2007-06-26 08:02 | Comments(0)
桜木・向山・・(2007.06.25.)

6/21にまいた黒胡麻が発芽した。でもさがした。その程度の発芽
c0072843_19161022.jpg

↑午前8時
↓午前11時 動いている」たいしたもんだ。
c0072843_19162584.jpg

でも、
前途多難かな、胡麻は水にことさら弱い。
種をまいて、雨が続いて発芽もももならず、発芽しても消える。
乾燥地帯の植物なんでしょう、日本でのは種時期が梅雨とは、
どうしていたんでしょうね。ちょっと前
胡麻は自家用として作っていた。
うちの妖怪胡麻ばばあに聞いてみよう。

明日、トマトの初収穫です。3個かな。明日はスウィング便で2トン車ドライバー
2週に1回のデリバリーうちの青年」なので、持って行きます。
c0072843_19164228.jpg
c0072843_19165894.jpg
c0072843_19171532.jpg
c0072843_1917306.jpg

小豆ごはん、バジル、奈良漬
☆☆

この奈良漬を食べると、妖怪になれます。
陽水に食べさせようかな
陽水妖怪300歳」・・・
by kyotoyasai2005 | 2007-06-25 19:17 | Comments(0)